一瞬ドッキリかと思ってしまった

えっ、まさか!あの共産党が…冗談でしょう。
例によって『しんぶん赤旗』のコラム「きょうの潮流」のコピーですが、書き出しだけをみると、何だか誤解してしまいそうです。

 「朕惟(ちんおも)フニ、我(わ)カ皇祖皇宗(こうそこうそう)国ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ…」。校長の奉読が始まると、一同は頭を下げ、終わるまでせき一つできない。寒くて鼻水がたれても、すすったり、動いてもいけない▼戦前の学校で祝日や大祭日の儀式として読み上げられた教育勅語。当時の小学生の体験談です。最後に天皇の署名押印を表す「御名(ぎょめい)御璽(ぎょじ)」の言葉が終わると、いっせいに鼻水をすすり上げる音が講堂中に鳴り響いたといいます▼「現人神(あらひとがみ)」である天皇に命をかけて尽くすことを、国民にたたき込んだ教育勅語。御真影(ごしんえい)とともに、皇国精神を育てる根幹となりました。そこで示された徳目も、すべては天皇制の維持・発展に役立ってこそ、はじめて意味をもちました▼先日、半世紀ぶりに教育勅語の原本が見つかったというニュースが流れました。損傷や変色が激しく、明治天皇の御名御璽がある部分も開けない状態だそうですが、文科省が確認しました▼「教育勅語の中身は至極まっとうなことが書かれている」「軍国主義教育の推進の象徴のように使われたのが問題」。ニュースにかこつけた下村文科相の発言です。特定の愛国心や道徳を押し付けようとする安倍首相と同じ考えです▼戦後の国会で廃止されたにもかかわらず、教育勅語を擁護する人たち。しかし、上からの命令による死の強制は、国民主権の憲法や民主主義とは相いれない―。それが、悲惨な戦争を味わった国民多数の声でした。原点を覆そうとする人物に、教育に携わる資格はありません。

あーびっくりした。共産党が突然右翼転向して教育勅語の普及啓発を始めたのかと思ったら、なんのことはありません、下村文科相の発言への批判でした。何事も同じですが早とちりや早合点はいけませんね。
しかしですね、共産党が天下を取ったら国民は共産党に絶対忠誠を誓わされるわけでしょ。逆らったら即粛清ですよね。むしろ教育勅語を鼻水たらしながら聴かされていた時代のほうが、人道的な気がしますがいかがなものでしょうか。
恐らく共産党では天下を取った時に備えて「教育勅語代々木version」のようなものを作っているでしょうね。でもいいんですか「上からの命令による死の強制は、国民主権の憲法や民主主義とは相いれない」なんて言ってしまって。
ああ、そうか。共産党の天下では「国民主権の憲法や民主主義」など存在するわけがありませんね。失礼しました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック