衆院選結果に思うこと

なんだか新聞の読者投稿欄によくある暇を持て余している年寄りの投稿みたいなタイトルですが。「衆議院は衆愚院」なんてね。
まあ、予想通りの結果でしたね。私は信念に基づいて今回の選挙も棄権しましたけど。
与野党逆転なんて夢みたいなことを期待していた人は残念でした。もっともそんな馬鹿もとい頭が気の毒な人に選挙権は与えてはいけないと思うのは私だけではないでしょう。
今回の結果をみるにつけて共産党のドヤ顔も気になりますが、「投票箱で世の中が変わったためしはない」この言葉の意味をよくかみしめていただきたいものですな。勝者敗者双方ともに。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック