現代のラスコーリニコフ

産経ニュース1月27日
殺人容疑で19歳名大生逮捕「殺してみたかった」 おので77歳女性殴り首絞め

 名古屋市昭和区のアパート室内で女性の遺体が見つかった事件で、愛知県警は27日、女性をおので殴るなどして殺害したとして殺人の疑いで、この部屋に住む名古屋大の女子学生(19)を逮捕した。調べに対し「子どものころから人を殺してみたかった」と供述し、容疑を認めているという。
 県警は同日、遺体を昨年12月7日に家族から行方不明者届が出ていた同市千種区春里町、無職、森外茂子さん(77)と確認した。宗教の勧誘で女子学生と知り合い、事件当日も2人で宗教団体の集会に参加していたという。
 逮捕容疑は昨年12月7日昼ごろ、自宅アパートで森さんの頭部をおので殴ったり、首をマフラーで絞めたりして殺害した疑い。
 県警によると、女子学生は「宗教の勧誘が煩わしかった」と供述する一方で「殺害相手は誰でもよかった」という趣旨の説明もしているという。県警は女子学生の精神状態や詳しい動機を調べるとともに、28日に遺体を司法解剖し死因を調べる。


「人を殺してみたかった」というサイコな供述は少し聞き飽きた感じがしますが、凶器に斧を使ったというのは斬新です。女子学生が斧を所持していたというのも奇妙ですね。大学で薪割り同好会にでも所属していたのでしょうか?
斧で老婆を殺害すると言えばドストエフスキーの名作『罪と罰』の主人公ラスコーリニコフを思い浮かべた方も多いことでしょう。
そんなことより、二人が関わっていた宗教とやらに興味がわいてきました。一体どの宗教でしょうかねえ。それと、殺された婆さんは殉教者として祀られるのでしょうか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック