鼻息荒いね、さおりちゃん!

しんぶん赤旗2015年1月28日号
ヘイトスピーチなくそう
ネット番組出演 池内議員

 日本共産党の池内さおり衆院議員は26日夜、インターネット番組に出演して、ヘイトスピーチ(差別扇動行為)やレイシズム(人種差別)をなくす決意を語りました。番組は、「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク(のりこえねっと)」が企画するもの。ジャーナリストの安田浩一さんのインタビューに答えました。
 ヘイトスピーチを知ったきっかけを尋ねられた池内議員は、「昨年3月に、初めて差別デモに反対する行動(カウンター行動)に参加しました。そこでヘイトスピーチという圧倒的な暴力を目の当たりにして悲しくなった。このような空間はこの国にあってはいけないと感じました」と話しました。
 同時に、カウンター行動に参加していた人たちを見た池内議員は、「現場ではいろんな人がプラカードを持つなど、思い思いの方法で差別デモに抗議の意を示していたのが希望でした」と語りました。
 ヘイトスピーチをなくしていくためには何が必要かとの問いかけに、池内議員は人種差別を許さない姿勢を政府や自治体が示し、人種差別禁止の理念を明確にした法律の制定など、ヘイトスピーチをさせない社会にしていくことが必要だと語りました。

動画
https://www.youtube.com/watch?v=GnOuJglEmiE

ヘイトスピーチやレイシズムをなくそうというのは結構なことですが、池内議員、勢い余って「自民党安倍内閣はネオナチ内閣だ!」と繰り返し発言していました。
あのね、そういう言葉の暴力はありですか?それよりも真面目なネオナチの活動家がこの番組を見たら「圧倒的な暴力を目の当たりにして悲しく」なるのではないでしょうか。
さて、どうやらこの方のおつむは、保守・右翼は悪、革新・左翼は善という実に単純な構造になっているようですね。そして現状の悪の親玉が自民党安倍内閣というわけです。だから先だってのツイート(削除済み)で「イスラム国と手を結んで安倍内閣を打倒し、共産主義革命政権を樹立する」なんて過激な台詞がスラスラと出てくるのでしょうね。
その一方で「人種差別を許さない姿勢を政府や自治体が示し、人種差別禁止の理念を明確にした法律の制定など、ヘイトスピーチをさせない社会にしていくことが必要」と語っているところをみると、穏健な構造改革論者としての一面も見せています。
いずれにしてもあまり賢い方ではないような気がしますが、是非皆さんも動画(後半から登場)を見てご判断いただきたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い

この記事へのコメント

2015年01月30日 13:41
気持玉ありがとうございました。
若い俳人たちにも安部批判=正義という風潮があります。
何かに便乗している感じです。
信念があれば良いのですが。
むろん信念のある方もいます。
俳人(ベテランも含めて)は偽善者が多いようです。
このような事をブログに書いたこともありますし、
賛同してくれる方も結構いました。
しかし私自身が俳句業界に足を突っ込んでいる関係もありまして、
記事は削除しました。
しかし少しずつ俳句業界の偽善主義を無くそうと画策しています。
余計なおしゃべり失礼致しました。
2015年01月30日 15:21
花田様
度々コメントありがとうございます。
嘆かわしいことに、どこの世界にも偽善者がはびこっているようですね。
とりわけ日本の右翼左翼業界は偽善者ばかりです。
俳句業界の偽善主義を無くそうという貴殿の意志に賛同いたします。
2015年01月30日 20:47
>ヘイトスピーチやレイシズムをなくそうというのは結構
 まことに同感です。
 ただ、あまりに単純化・二極化されるとシラケますね。
 昔、60年代後半にC調という言葉がはやりましたが、ヘイトスピーチやレイシズム反対もC調によって二極化されてしまうと、ヘイトスピーチやレイシズムの連中と同じになってしまうと思います。
2015年01月31日 16:50
獅子鮟鱇様
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り二極化されて運動の目的が失われてゆくのではないかと思います。
2015年07月07日 00:27
お元気ですか?

この記事へのトラックバック