作業療法のあり方

例によって病院のOT室でPCのキーボードを叩いています。
窓の外は雪がチラチラ舞う寒く寂しい曇り空。普段は気に留めていなかった正面遠くに見える給水塔の尖った屋根が今日に限って不思議と気になります。
この部屋にはOT利用者のために5台のデスクトップPCが設置してあるのですが、ほとんど動画閲覧専用端末として使われています。本来はWordやExcelを練習するためのもののはずなのですが、動画閲覧者が長時間にわたって占有しているため、本来の目的で利用を希望する人がいつも使いたくても使えない状態になっています。一応PCの連続使用は1時間までという決まりがあるのに、OTスタッフもトラブルを避けるためか見て見ぬふりをしています。これっておかしいと思いませんか?
そんなわけで、この件をOT室の「ご意見箱」に投書しようかどうか迷っているところですが、圧倒的多数派である動画閲覧目的の利用者に対して本来の目的による利用者はごく少数に過ぎないのが現状です。おそらくスタッフも開き直って「動画閲覧も立派な作業療法です」と返してくるでしょう。
「悪貨は良貨を駆逐する」とでも言いましょうか、「民主主義は衆愚政治をもたらす」とまで言ったら言い過ぎでしょうか?
ふと外を見るとやわらかな日が差してきました。でも寒さはやわらぎそうにもありません。

この記事へのコメント

2015年01月09日 00:13
おめでとうございます。
気持玉ありがとうございす。
無教養なのに感情のみで目を汚して申し訳ありません。
ご指導ご鞭撻のほどをよろしくお願いします
2015年01月09日 09:35
なさけのかっちゃん様
おめでとうございます。
狂人の戯言に過ぎない拙ブログへご丁寧なコメントを賜り誠にありがとうございます。
こちらこそ宜しくお願い申し上げます。

この記事へのトラックバック