テーマ:エルンスト・ユンガー

エルンスト・ユンガーの著作から学ぶ

エルンスト・ユンガーのエッセイ『総動員』をテキストとして国家と戦争のあり方を考察してみる。 「さらにまた次のことが判明する。すなわち、一般的人権への信仰の後期において、戦争による破壊に直面したとき君主制的構造は特に脆弱であるということ、これである」(『追悼の政治』川合全弘訳より引用) これは第一次世界大戦において敗戦国となった中央同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more