テーマ:共産党

「転向」と「回心」

戦後間もない頃の日本共産党では、転向組と非転向組の間に大きな身分の違いがあり、徳田球一をはじめとする獄中非転向組がデカい顔をしてふんぞり返り、転向組(中野重治など)は非転向組の顔色を伺いながらパシリに使われるくらいならマシなほうで、かなり陰湿ないじめが横行していたらしい。 しかし、どれほど苛酷な弾圧があったにせよ一度転向した者は裏切り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

御礼をかねて書籍紹介

いつも日本共産党にはお世話になっている………わけではありませんが、「しんぶん赤旗」をネタに使わせていただいて、拙いブログを書かせてもらっている身の上でありますので、いずれなにかの折には日本共産党に御礼がしたいと常々考えておりました。では次の選挙は共産党に一票投じて差し上げようか………というわけには参りませぬ。何故なら、何度も何度もしつこ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いやな世の中だ

オリンピックの成績も第二次安倍内閣の支持率も記録的な大雪による被害も、何もかも関係ない。この世の中が嫌なんだよ。 日本共産党は万年野党でいるつもりか、“確かな野党”なんて負け犬の遠吠えにしか聞こえないんだよ。悔しかったらいっぺん政権をとってみろ。暴力革命でも何でもいいから。 「マルクス主義的法則により、いずれ我が党は政権をとることは…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」と「フランクフルター・アルゲマイネ」の関係やいかに?

しんぶん赤旗のウェブ版は普段からチェックしていますが、2月14日号のコラム「きょうの潮流」がとても面白いので以下、全文をコピーします。 NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」に太平洋戦争下のラジオ放送が出てきます。「肉弾三勇士」の軍国美談を聞いた息子が志願兵を決意した、と感謝の手紙を寄せる聴取者。恐らくこんなやりとりは、全国各地で繰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

老ボルシェビキ怒りの絶叫!

某地方新聞の読者投稿欄になかなか滅多に見られないエキサイティングな投稿記事を見つけたので、以下ほぼ原文のまま書き写してみます。 「秘密保護法採決賛成議員に怒り」74歳無職男性 安倍自公政権は、アジア諸国の人命・財物に甚大な損害を与えた侵略戦争のアクセル役の希代の悪法、治安維持法に比すべき特定秘密保護法を日本、いや世界の知性を踏み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポスト民主主義…「しんぶん赤旗」の革命的破壊力と小林多喜二の亡霊

先ごろ物議を醸しつつも可決成立した秘密保護法について、私自身は賛成反対のいずれでもないが、「法案成立阻止」を叫んでいる連中と諸手を挙げて賛成している連中の両者に反対している。 すでにネット上で騒がれているが、参議院本会議での法案成立前に日本共産党が「しんぶん赤旗」に実に面白い記事を掲載しているので、以下にそのweb版コピーを記載してお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more