テーマ:うつ病

作業療法のあり方

例によって病院のOT室でPCのキーボードを叩いています。 窓の外は雪がチラチラ舞う寒く寂しい曇り空。普段は気に留めていなかった正面遠くに見える給水塔の尖った屋根が今日に限って不思議と気になります。 この部屋にはOT利用者のために5台のデスクトップPCが設置してあるのですが、ほとんど動画閲覧専用端末として使われています。本来はWord…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

人として最低限のマナーとは

おい!迷惑爺のA。 仏の櫻井と呼ばれるこの俺だ。多少の事には目をつぶってやろう。 だがな、仏の顔も三度という言葉を忘れるなよ。 今日はよりによって、うがいした水を2階の窓から吐き捨てやがって。 おめえはどういう躾を受けてきたんだよ。 こんな人として最低限のマナーもわきまえていない輩に人権など不要。 隔離部屋に閉じ込めてしまえ!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迷惑爺婆は粛清せよ!

何が迷惑かって、病棟の通路は人が通る場所だよ。ちょっと立ち話程度ならともかく、座り込んで消灯時間ぎりぎりまで大声で長話とは、一体どういう了見だ。喧しいんだよ!AとNおめえらのことだ!何べん看護師に注意させればわかるんだこの糞爺婆めが! 他の患者に多大な迷惑を及ぼす迷惑爺婆は一刻も早く粛清すべし!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院患者の密かな楽しみ

実はね、メンタル面がぶっ壊れて精神科に入院中なのです。 今日はOTの時間に病院のPCからアクセスしております。 ああ、毎日が暇で退屈で仕方ない。 でも、ささやかな楽しみがあって、それはねここだけの話。内緒だよ。 病院の売店でラムレーズン入りのチョコレートが売っていてですね、これを大量にまとめ買いするわけですよ。 後はおわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国家元首か象徴か

どうにかうつを脱しました。レクサプロ錠10mgはよく効きます。 大日本帝国憲法 第1章 天皇 第1条大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス 第3条天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス 第4条天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬シ此ノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ 日本国憲法 第1章 天皇 第1条[天皇の地位・国民主権]天皇は、日本国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うつ病

心も身体も最近結構調子良くて、いよいよ社会復帰も近いかな、なんて思ってた矢先に、株価が暴落するように気分が急に沈み込んでしまって、今、やっと布団から這い出したところです。イライラ時と不眠時の頓服薬は処方されているが、気分が急落した時の薬なんて無い。 とりあえずPCを立ち上げて現在の状態を同じくうつ病で苦しむ方々に伝えたいと思いました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

精神的にヤバかった頃

現在もヤバいといえばヤバいのですが、これは抗うつ薬のせいで少しくセンチメンタルになっているだけ(だと思う)でして、本当にヤバかった頃はこんなもんじゃありあませんでした。 以前、何度か過去の日記をブログで公開しましたが、あれはまだマシな状態の時で、本当にヤバかった時の日記なんてとてもブログで公開できるものではありません。 でもすこしだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭の休息日

元々出来がよくない頭を酷使し続けたせいか、それとも心が折れる出来事に遭遇したせいか、あるいはその両者が合わさってのことか、久々に鬱状態になって、半日以上布団の中でぼーっとしていた。 すると過去の楽しい出来事が走馬灯のように浮かんでは消える、浮かんでは消える。 現在の我と我が身を取り巻く現実は、地獄の一丁目か二丁目か。 失ったものは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の性分を呪うとき

前にも書いたとおり、自分の馬鹿正直さにほとほと嫌気がさしている。 今日は主治医の診察があったが、主治医にまで言われた「嘘も方便」と。 駄目なんだよなあ。言われるまでもなく「嘘も方便」で世の中まるく収まっているところもあり、馬鹿正直な人間がそれにひびをいれることくらい、頭の中ではわかっている。しかし、私はそんな「嘘も方便」でうまく収ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬鹿正直は報われない

くそっ!またやってしまった。 黙っておけば穏便に済んだかもしれないのに、馬鹿正直に報告したばかりに不愉快極まりない思いをすることになった。 この性分だけはどうしようもない。 救われない。 報われない。 些細な失敗を鬼の首を取ったように大げさに騒ぐほうもどうかしているが。 はいはい。非は全て私にございます。 煮るなり焼くなり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本国憲法第26条第1項および第27条第1項より

「教育と勤労は権利義務であって強制ではない」 先日、あるセッションに参加した際、若い女性が、自分は学校にも行かず仕事にも就かない駄目な人間で、世間に顔向けできないし、このままどうなってしまうのか不安である、との悩みを皆に打ち明けた。 その場では言えなかったが上記は私なりのアドバイスである。 付言すると、学校に行くのは必要に迫られた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馬鹿正直で空気が読めない

以前にもお知らせしていましたように、CBTに参加しました。 誤解を招くといけませんので、念のため確認しておきます。 私が今回参加したのは 「Cock and Ball Torture - SMの1種。陰●と●丸に対する拷問」ではなく 「Cognitive Behavioral Therapy - 認知療法、論理療法、行動療法…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

仏心が仇となり

いつものことなんだよなあ。 家庭でも職場(今は無職だけど)でも社会生活全般で、つい仏心を見せたばかりに相手に舐められて結局自分が損をする、それどころか大きなダメージを受けて心身ともに病んでしまうんだよ。今までの人生その繰り返しだ。 国家社会主義者で唯物論者が仏心ですと!? Action Japaneseの総裁ともあろうお方がなにを弱…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

予告する

明日から、いやもうとっくに日付が変わっているから今日からになるのだけれど、少し気持を入れ替えて前向きにつーかポジティブに生きていこう、なんてことを書いたら「櫻井狂風め、とうとう狂ったか」「いやなにか悪いものでも食べただけだよ」「いやいやいや、今度こそ本気でやらかすぞ!」などと所轄警察署の公安課のお巡りさんや地元の共産党関係の方々…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

自立にむけたM作戦開始!

過干渉被害者の会> 父から当座の資金として300万円ほど貰う。これは貰って当然の金であり、もし拒むようであれば法的手段に訴える。決して暴力的手段には訴えない。何故ならこんなつまらぬことで、しかもたったの300万円で臭い飯を食う羽目になったのでは割に合わないからである。法的手段に訴えるのであれば弁護士を立てることになるかもしれない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

雨の受診日

今日は精神科の受診日なのに朝から鬱陶しい雨ふりで気分が塞ぎ込んでしまったうえ、病院に向かおうと家を出掛けに父から預金通帳の在り処がわからないだの何だの面倒くさいことをいわれたので、ますます気分が塞ぎその上苛々としてきたので、車に乗り込みエンジンをかけ数回空ぶかししたのちに「ギャギャギャギャ」と前輪をホイール・スピンさせながら急発進させた…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

何事も簡単に説明できるわけじゃない

名古屋駅前で無差別テロを決行して現行犯逮捕された、無職・大野木亮太容疑者(30)は、犯行の動機について、 「簡単に説明できることではない」「一つや二つの理由ではない」 などと話しているそうです。 当たり前です。「簡単に説明できる一つや二つの理由」だけでこんな大それたことはできません。 言葉では言い表すことのできない、仮に言葉…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

レンタカーのトラックより「ヤセガマン」だ!

このネチッコイ、些細なことをいつまでもネチネチこだわりと根に持つ嫌な性格は、おそらく父親譲りだろう。まさにその通りなのだがそう思う度に嫌な気持になって仕方が無い。 こんなブログなんて書いているから余計にこの性格がにじみ出てきて、ああ、また嫌な気持が沸々と湧き上がってくるのでだる。。 現在のどうにもならない八方塞の状態が続けばそのうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キチガイに刃物、櫻井狂風にブログ

仲良しグループの茶のみ話程度の政治談議に「ぬるいこと言ってんじゃねーよ!」といきなり乱入して、やれ「武装蜂起」だの「現政権を武力で打倒」だの「ファシズム」だの「ボルシェヴィズム」だの血腥い過激な言葉を発すると間違いなく巻く顰蹙を買うことになる。 素人の政治談議なんてものはだね嫁や亭主の悪口、職場の上司の悪口を言って、場末の薄汚れた飲み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退屈な世間と場違いな私

今日は朝から気分がどんよりとした曇り空で頭のなかで不気味な唸りが聴こえるものだから、朝食を食べた後に二度寝をしたのである。父親が無理やりたたき起こしてくるものだから、いやこれはまだ夢の中の出来事で、実際は電話の着信音で目が覚めたのであるが、夢の中の出来事がきっかけで父親と口論になり、このままでは口論だけでは済まず「●×県警○△署は48歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

求職活動の輪廻

現在、一応は求職中である。前にも書いたとおりデリヘルドライバーを希望したのだが、一度でも客として遊んだことのある店及びその系列店では採用できないとのことである。 確かに言われてみれば納得できる。客>>デリヘル嬢>>>>>デリヘルドライバーという身分秩序によって構築されている業界であるのだから、最上位の客が最底辺のデリヘルドライバーに転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パワハラで泣き寝入りするか、それとも…

前回、週刊東洋経済の特集記事を紹介しましたが、その中にはうつ病対策の一環としてパワハラの分析研究も記載されておりなかなか興味深い内容です。 それでじっくり読んでみたら治りかけのうつ病が再び悪化してしまいました。 回復期のうつ病は浮き沈みがあるので仕方ないと思っていますが、なんだか今日はもの凄く沈み込んでいる感じがします。じわじわと上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この国は地雷だらけ

「無職のくせに」とよく周りから言われるのですが、セレブ向け雑誌や経済雑誌を好んで講読しています。定期購読というのではありませんが、興味をそそられる特集記事が組まれていると立ち読みだけでは気が済まずついつい購入してしまうのです。 私が興味をそそられるものといえば、乗り物全般、料理と酒、美術、映画、伝統芸能…といった無難なものから、戦争お…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入院中のメモ書きより(妄想的保守革命編)

「帝国」VSファシストインターナショナル えー一口に宗教家と申しますと、私の独断と偏見でその名を挙げれば、使徒パウロ、ムハンマド、親鸞、ルター、カールバルトくらいなものですが、「宗教は阿片なり」と見事に喝破されたカール・マルクス大先生もその一人であることに異論はありません。マルクス先生ご自身にしてみれば「わしは思想家や。そこらの生臭坊…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「CBT」という言葉から「ご褒美」を連想できるのはかなりの達人

精神科の療法で「CBT」というものがあります。 「CBT」と聞いても素人には何のことかさっぱりわかりません。それでウィキペディアで調べてみたところ……… Cock and Ball Torture - SMの1種。○茎と睾○に対する拷問。 マゾヒスト国際大会の上位クラスを狙う強豪選手向けのハードなプレイが病院で行われているのか! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会復帰か現実逃避か

※前回の記事をまだお読みでない方はそちらを先にお読みくださることをおすすめします。 うつ病を患って現在は無職であるが、社会復帰しようという意志はある。 社会常識に欠け、要領が悪く、仕事は遅いと馬鹿にされ、ここ約10年の間に3回転職している。自分なりに精一杯努力したつもりだが4ヶ月しか続かなかった職場もある。これは夜勤の仕事であっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院中のメモ書きより(集団セッション編)

一緒に考えていこう、何故あなたは様々なことでうまくいかず苦労を重ねた挙句に心を病んでしまったのかを。   誰しも得手不得手があって当たり前。 苦手なことを無理に克服しようとするのは左利きを矯正させるのと同様、一種の虐待である。むしろ得意なことをより上達させていくことが大事ではないだろうか。   なぜ人を殺してはいけないのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院中のメモ書きより(罵詈雑言編)

オメーの発言憲法違反だこの野郎!! 国民の権利と義務に関して、意味を取り違えている大馬鹿野郎があまりにも多すぎるので、この際だから思い切り声を大にして苦言を述べたい。 だからオメーは何時までたっても半人前なんだよ。 そう言われた経験、あなたにはありませんか。でもそんなことを言っていい気になっているお山の大将、猿山のボスなど相手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天国のうつ病

こんな私でも人並みにネクタイを結んでホワイトカラーの職についていたことがある。しかも10年以上の長きにわたって。 その職場は公益法人の事務処理関係で正規職員が30名ほどの職場であった。 世間一般の営利企業とくらべれば相当にぬるい職場であったといえよう。給料は決して高いとは言えなかったが、残業すればしっかり手当てがついたし、休みも多か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地雷注意!心療内科クリニック編

もうかれこれ1年になるだろうか、あの心療内科クリニックを受診したのは。 はっきり覚えている。前夜からの大雪でどこへ行くにも長靴なしでは歩けなかったことを。 その当時の私の精神状態は、オイルが切れたエンジンをフルスロットルで回し続けた結果、エンジンは焼きついてしまった状態に等しい。それにもかかわらず辛さを全く顔に出さず、理不尽な仕打ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more