テーマ:しんぶん赤旗

コミンテルンの亡霊

少々時代がかってまいりました。『しんぶん赤旗』5月25日号本文記事より。 ファシズム許さない 東京でデモ  集団的自衛権の行使容認や秘密保護法の強行など、安倍政権の暴走に抗議する「ファシズム許すな!安倍政権打倒デモ」が24日、東京・新宿駅周辺で行われました。約300人の参加者がドラムのリズムに合わせて「ファシズム許すな」「安倍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

異常な国だと見られてどこがまずいの?

久々に靖国神社ネタです。『しんぶん赤旗』5月21号本文記事から。 靖国参拝の批判当然 民放番組 小池氏、田母神氏と討論  日本共産党の小池晃副委員長・参院議員は、19日放送のテレビ朝日系「TVタックル」に出演し、靖国神社問題で元航空幕僚長の田母神俊雄氏と討論しました。  小池氏は靖国神社について、▽付属施設・遊就館でかつての侵略…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

考え方を変えてみませんか

『しんぶん赤旗』5月17日号 主張 首相記者会見 「国民守る」は欺瞞だらけだ  あまりに情緒的、論理矛盾に満ちた記者会見でした。  安保法制懇報告書の提出を受けた安倍晋三首相の“国民への説明”会見です。首相が検討を表明した、憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認に何の道理も説得力もないことの反映です。 平和主義の完全放棄 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

来年はぜひ「人殺しの道具」で

いちいちウゼェんだよ、このBBA!と思わず品の無い言葉を発してしまいました。 『しんぶん赤旗』5月6日号本文記事です。 こどもの日に「装甲車」 大分 自衛隊、中止応じず展示  大分市の文化施設コンパルホールは5日、こどもの日のイベント「はたらく車大集合!」に自衛隊車両を展示しました。市民から「暮らしにかかわる『はたらく車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安重根と伊藤博文

「一体どこの国の新聞じゃコラ!」と烈火のごとくお怒りになる方もいらっしゃると思いますが、まあまあ怒りを鎮めて最後までお読みください。 『しんぶん赤旗』5月3日号本文記事です。 日韓記者に“溝” 安重根記念館 中国・ハルビン  中国外務省の案内で、日韓など外国メディアが4月29日、中国黒竜江省のハルビン駅構内にある朝鮮独立運動…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

大東亜戦争を肯定しろとは言わないが

『しんぶん赤旗』4月30日号「きょうの潮流」です。  大型連休を海外で過ごす人たちも多い。今年は近場が人気で東南アジアのインドネシアもその一つ。大小無数の島々からなる一帯は以前、オランダ領東インドと呼ばれた植民地でした▼コーヒーや砂糖、ゴムなどの商売が盛んで天然資源にも富んだ地には数多くのオランダ人家族が住みついていました。しかし、第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう少しまともな日本語を使えよ!

『しんぶん赤旗』4月27日号の本文記事です。私が何に怒り何を訴えようとしているのかおわかりでしょうか。 立憲デモクラシーの会 集会に600人 解釈改憲のあやうさ問う  憲法学、政治学をはじめさまざまな分野の学者らが結成した「立憲デモクラシーの会」が25日、「『私が決める政治』のあやうさ 立憲デモクラシーのために」と題する集…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しいことを言ってると思います

『しんぶん赤旗』4月25日号の「主張」です。 主張 日米首脳会談 同盟が暮らしと経済破壊する  安倍晋三首相とオバマ米大統領が会談し、日米同盟の強化などで合意しました。最大の焦点といわれ、会談当日の未明まで調整が続いた環太平洋連携協定(TPP)の問題では合意に至らなかったものの、閣僚級協議の継続で早期決着させると確認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何だか元気がないぞ、一体どうした?

昨日の記事と重複しますが、『しんぶん赤旗』4月23日号の本文記事です。 国会議員147人 靖国参拝  新藤義孝総務相が22日、靖国神社(東京・千代田区九段北)を参拝しました。新藤氏は12日にも参拝していますが、21日に始まった同神社の春季例大祭(23日まで)に合わせて再参拝したものです。  これとは別に22日、自民、民主、維新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひどい?何が?

前回の記事と同じような内容ですが、本当に「ひどい」話なので敢えて取り上げてみました。『しんぶん赤旗』4月18日号の本文記事です。 「平和憲法電車」中止ひどい 高知 土佐電鉄に市民批判 06年からカンパで運行  高知県の市民団体などがカンパを募り、土佐電気鉄道(本社・高知市)の路面電車に、「守ろう平和憲法」や「9条は世界の宝」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当たり前のことだと思いますが

『しんぶん赤旗』4月17日号の本文記事です。相変わらず調子こいています。 千葉・白井市が後援規制拡大 九条の会講演会拒否も  千葉県白井市は、2014年度から「政治的中立」を理由に、九条の会など市民団体の集会・イベントに対する後援を自主規制していく方針を決めました。市民団体から、これまで市が行っていた集会などの「後援」が得られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人民裁判

『しんぶん赤旗』4月15日号の本文記事です。相変わらずガンガン飛ばしています。 NHK会長 番組で「謝罪」 「慰安婦」発言 内容の誤りは認めず  NHKの籾井(もみい)勝人会長は13日放送された総合テレビの情報番組「とっておきサンデー」で、「慰安婦」問題などをめぐる就任の記者会見時の発言やその後の混乱に関し、「反省し、深くおわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一瞬ドッキリかと思ってしまった

えっ、まさか!あの共産党が…冗談でしょう。 例によって『しんぶん赤旗』のコラム「きょうの潮流」のコピーですが、書き出しだけをみると、何だか誤解してしまいそうです。  「朕惟(ちんおも)フニ、我(わ)カ皇祖皇宗(こうそこうそう)国ヲ肇(はじ)ムルコト宏遠(こうえん)ニ…」。校長の奉読が始まると、一同は頭を下げ、終わるまでせき一つで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤旗ネタの連チャンお許しください

あまりしつこいと嫌われるかもしれませんが、べつに共産党の方に好かれたいと思っているわけでもありませんので、連チャンで『しんぶん赤旗』のコラム「きょうの潮流」を紹介します。 きょうの潮流  今春、高校から大学に進んだ友人の息子が憤っていました。高学費のうえに消費税増税で、交通費をはじめ、何もかもが値上がり。自分に選挙権があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名文なのに何故か釈然としない

また例によって「しんぶん赤旗」4月8日号よりコラム「きょうの潮流」を紹介します。 『戦争論』という本があります。19世紀のプロイセン軍人・クラウゼウィッツの著書で、「戦争は他の手段による政策の延長」というフレーズが有名です▼興味深いのは、「戦争を支配する三つの要素」です。クラウゼウィッツは、(1)国民の熱狂(2)軍隊の能力(3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりに『しんぶん赤旗』の記事を紹介します。

『しんぶん赤旗』2014年4月7日(月) 「慰安婦」強制に新証拠 日本軍、200人をバリ島に連行 関東学院大・林教授ら  旧日本軍「慰安婦」問題で日本軍の関与と強制性を認めた「河野談話」を裏付ける新資料が、関東学院大学の林博史教授(日本近現代史)らによってこのほど発見されました。新資料は、旧日本軍が軍の資金を使って慰安所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「しんぶん赤旗」二題

昨日は「ホワイトデー・イヴ粉砕、同時多発リア充爆発テロ」に参加していたわけではありありませんが、例によって父との諍いごと(常軌を逸した父の過干渉に対する正当なレジスタンスであると私は確信しています)で膨大な時間を費やし、諍いごとが終わった(当然の何の解決にもなりませんでした)後も、不愉快度MAXで破壊衝動に駆られ続けてていたため、記事の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

なまぬるいことやってんじゃねえよ!

今回ご紹介するのは「しんぶん赤旗」3月11日号の本文記事です。 沖縄の米軍機トラブル続発 共産党、外務省に抗議  日本共産党沖縄県委員会は10日、米軍ホワイトビーチ(うるま市)に寄港した揚陸艦への米海兵隊AH1ヘリの着艦失敗(5日夜)をはじめとする米軍機のトラブル続発に対し、外務省沖縄事務所に抗議しました。トラブル原因を明らか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また「ごちそうさん」ですか?

立て続けに共産党ネタもどうかと思うのですが、「しんぶん赤旗」本日3月4日号の「コラムきょうの潮流」があまりにも面白すぎて、これをスルーしたら一生悔いが残る、末代までの恥となると思い、例によって全文コピーさせていただきました。  大阪が火の海に包まれたのは太平洋戦争末期、1945年の3月が最初でした。米軍機による深夜の大空襲…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ボルシェヴィキ専用車両?

昨日は例の「穀潰しのパラドックス」が発動して多忙のあまりブログ更新ができませんでした。 そういうわけで1日遅れになりますが、『しんぶん赤旗』2月28日号「きょうの潮流」を全文紹介します。 同僚記者の通勤途上の電車での体験です。座って「しんぶん赤旗」を読んでいたところ、前に立っていた30代くらいの男性に突然声をかけられました。「ち…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more